個人的な検索ワード履歴(2018年8月)

2018年8月に、個人的に検索したワードを備忘録的に記していく。
[公開日:2018/8/2、更新日:2018/9/1]

2018/08/31(金)
  • 「森友問題 NHKスクープ まとめ」
2018/08/30(木)
  • 「ジャンボ宝くじ付き定期預金」
2018/08/29(水)
  • 「権家」→けんか
2018/08/28(火)
  • 「安倍首相 私邸」→富ヶ谷
2018/08/27(月)
  • 「10種競技-7種競技」→1000m・10mH・円盤投・棒高跳
    (メモ)10種競技:100m、走幅跳、砲丸投、走高跳、400m、110mH、円盤投、棒高跳、やり投、1500m
    7種競技:100mH、走高跳、砲丸投、200m、走幅跳、やり投、800m
2018/08/26(日)
  • 「トライアスロン」→水泳・自転車・長距離走
2018/08/25(土)
  • 「やけに弁の経つ弁護士 女性教師役」→岸井ゆきの
2018/08/24(金)
  • 「gmail 読み込み中のまま」
2018/08/23(木)
  • 「検索結果 著作権」
2018/08/22(水)
  • 「ダブルタイフーン 嵐を呼ぶぜ」→グレートタイフーンの記憶違い
2018/08/21(火)
  • 「マジックナンバー」
2018/08/20(月)
  • 「理財局 英語」→Financial Bureau

    参照https://www.mof.go.jp/about_mof/introduction/divisional_composition/
    (参照2018-08-21)

2018/08/19(日)
  • 「点滅 英語」→turn on and off
2018/08/18(土)
  • 「ちこちゃん 声」→木村祐一
2018/08/17(金)
  • 「不明二歳児発見 首相動静」
2018/08/16(木)
  • 「npbのページ見れない」
    (メモ)プロ野球の日程を調べようと、日本野球機構(NPB)オフィシャルサイトを検索して行くが、重くて開かず。ちなみに、OSはwindows10で、ブラウザはMicrosoft Edge。ただ、試しにブラウザを変えてみると、FireFoxでもGoogle Chromeでも問題なく表示された。検索しても、同様の事例は発見できなかったので、個人的な環境によるものか? キャッシュをクリアしてみても、解決できず。
2018/08/15(水)
  • 「テーパリング」→tapering(徐々に減っていくこと)
2018/08/14(火)
  • 「レイテ沖海戦」
2018/08/13(月)
  • 「サマージャンボ 抽選日」→2018/08/14
2018/08/12(日)
  • 「しゃっくり 止め方」
2018/08/11(土)
  • 「つつしんでお悔やみ」→謹んで
2018/08/10(金)
  • 「福留参謀長 暗号文」→海軍乙事件
2018/08/09(木)
  • 「山本矩一郎」
2018/08/08(水)
  • 「来襲と襲来の違い」
  • 「鈍麻」→どんま
2018/08/07(火)
  • 「水田 脈」→杉田水脈(すぎたみお)
2018/08/06(月)
  • 「平 妹」→平祐奈
2018/08/05(日)
  • 「膿栓 ためしてガッテン」
2018/08/04(土)
  • 「履正社高校 ホームスチール」
2018/08/03(金)
  • 「室長 課長 違い」
2018/08/02(木)
  • 「じょうがんせいよう」→貞観政要
2018/08/01(水)
  • 「最高裁人事 出身 割合」

(メモ)特に気にしていなかったのだが、数日前、読売新聞の社説に「君が代判決 最高裁は起立斉唱を尊重した」の主張(読売新聞、社説、2018年7月30日朝刊)があった。卒業式の国旗・国歌については、これまで定期的に話題に取り上げられるが、社説でも主張がぶれ気味の印象だったので、今回はこっちか、という程度の印象だったが、ふと、最高裁が割れなかったのかが気になって、最高裁のHPへ行って判決文を見ると全員一致だった。

裁判所ホームページ、最高裁判例「平成28(受)563  損害賠償請求事件」 、http://www.courts.go.jp/app/files/hanrei_jp/885/087885_hanrei.pdf
(参照2018-08-02)

判断を下した第一小法廷のメンバーが気になったので、検索すると、裁判長裁判官山口厚氏に安倍政権が慣例を破って人事を押し込んだ疑惑があるという記事が。

BLOGOS、猪野亨、”安倍内閣が最高裁人事に介入か 山口厚最高裁判事 ”、
2017年01月27日 10:28。
http://blogos.com/article/207598/
(参照2018-08-02)

第一小法廷には、木澤克之氏もいて、こちらは、前職が「学校法人加計学園監事」と言うこともあって、さらに疑念が膨らむ。他の小法廷ならどうだったのだろうか、と思わせてしまう点で、最高裁の信頼性を損なう人事だったことは否めない。
この手の訴訟は、形を変えて、定期的に行われるので、どうなるか、気になるので、今回メモっておくことに。

過去の個人的検索履歴のカテゴリーはこちら→個人的な検索ワード履歴

《広告》
日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場
ネットで買えば断然お得!お買い物なら楽天市場 WordPress専用高速サーバーなら Z.com WP ドメイン取るならお名前.com ムームードメイン ★LOLIPOP★ wpX A8.netの申し込みページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

3 × five =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください