「森友問題」籠池長男氏(仮名)の考察(2018/08/01時点)

架空小説「仮名手本森友学園」

先日、ある月刊誌に、籠池氏の長男の対談記事が載っていたようだ。

私はその雑誌を読んでおらず、雑誌広告しか見ていないので、その件について言及するつもりはない。

ただ、今回、雑誌で対談して自ら露出し、何らかの政治的なメッセージを積極的に述べる意思が明確になったということで、一般人として配慮する必要はなくなったとみていいだろう。

籠池長男氏(仮名)は、「森友問題」については端役に過ぎず、その不規則発言の真偽をいちいち一から確認するのは、手間がかかるし、割に合わない。

そこで今回は、長男のこれまでの「森友問題」への関わり具合を整理することによって、個別発言の真偽の確認の省略を計ることを試みたい。

籠池長男氏(仮名)関連の森友年表

2012/09/16 塚本幼稚園で安倍晋三講演予定日だったが総裁選でキャンセル
2012/09/17 自民党総裁選候補者大阪遊説、籠池長男が父親の名代として安倍晋三とホテルロビーで対面
2017/02/09 朝日新聞「価格非公表、近隣の1割か」
2017/02/17 安倍「私の考え方に非常に共鳴」
2017/02/20 財務省理財局嶋田→学園側弁護士→籠池「10日間ほど身を隠せ」
2017/02/24 安倍「非常にしつこい」
2017/03/10 籠池認可取り下げ会見「あなたが菅野さんか」
2017/03/11 籠池長男・菅野会談
2017/03/12 菅野、籠池単独インタビュー
2017/03/15 菅野取り囲み会見「悪いのは迫田と松井一郎」
2017/03/23 籠池証人喚問
2017/04/28 大阪市保育園聞き取り、長男「お母さんちょっと待ってーな」
2017/07/10 大阪府議会籠池氏参考人招致
2017/07/31 籠池夫妻詐欺容疑で逮捕
2017/08/01 報道ランナー(関テレ)「国有地8億円値引の謎 音声データを独自入手」
2017/08/22 報道ランナー(関テレ)「”保育士派遣”を偽装か?疑惑文書を独自入手」(「籠池商事」の件)
2017/08/23 ハーバービジネスオンライン(菅野)「2016/05/18音声データ」全編公開
2017/09/11 報道ランナー(関テレ)「国有地8億円値引 ”口裏合わせ”新疑惑」
2017/12ごろ~2018/2月末ごろ 長男twitter「拘置所から両親を出せ」「昭恵のアホ」「一番の戦犯は安倍晋三」
2018/03/02 朝日「森友文書、財務省が書き換えか」
2018/05/23 籠池夫妻保釈決定(保釈金夫800万円・妻700万円)
2018/05/25 籠池夫妻保釈、当日夜会見

今年3月以降の長男の動きについては、確認するのが手間なのと重要度が低いので省略

(敬称略)

[2018/08/01時点]

基本的な内容は、過去の考察のカテゴリー(「森友問題」考察)より。

個別の情報についての参考文献は

国有地低額譲渡の真相解明を求める弁護士・研究者の会、”森友学園問題年表(関連情報を含む)”、2017年4月24日 。
http://kokuyuuti-sinsoukaimei.com/moritomogakuen-mondai-nenpyou/
(参照2018-08-01)

ハーバー・ビジネス・オンライン、<取材・文/菅野完>、”政権の「佐川主犯」物語に終止符! 一年前のある発言から明らかになる「綻び」”、2018.03.18。https://hbol.jp/162275
(参照2018-08-01)

ハーバー・ビジネス・オンライン、<文/菅野完(Twitter ID:@noiehoie)「取材協力:赤澤竜也 「赤澤先輩!ありがとうございました!」」>、”【森友学園問題】籠池泰典氏 緊急独占インタビュー! あの会見で語れなかったこと”、2017.03.13。
https://hbol.jp/133139
(参照2018-08-01)

ハーバー・ビジネス・オンライン、<取材・文/菅野完 取材協力/赤澤竜也>、”【森友学園】佐川国税庁長官の国会答弁を覆す音声データ完全公開!”、2017年08月23日。
https://hbol.jp/149569
(参照2018-08-01)

ライブドアニュース、”小倉智昭が籠池諄子氏の怒号をバッサリ「今のは漫才だったんですか?」”、2017年5月1日 11時0分。
http://news.livedoor.com/article/detail/13007609/
(参照2018-08-01)

関西テレビ、「みんなのニュース 報道ランナー」、”徹底ツイセキ/森友学園問題”。
https://www.ktv.jp/runner/special/
(参照2018-08-01)

同、”国有地8億円値引の謎 音声データを独自入手”、2017年8月1日。
https://www.ktv.jp/runner/special/20170801.html
(参照2018-08-01)

同、””保育士派遣”を偽装か?疑惑文書を独自入手”、2017年8月22日。
https://www.ktv.jp/runner/special/20170822.html
(参照2018-08-01)

同、”国有地8億円値引 ”口裏合わせ”新疑惑”、2017年9月11日。
https://www.ktv.jp/runner/special/20170911.html
(参照2018-08-11)

同、”逮捕から10か月・・・ 森友学園の籠池被告夫妻 保釈認める決定”、2018年5月23日。
https://www.ktv.jp/runner/special/180523-1.html
(参照2018-08-01)

籠池佳茂twitter,
https://twitter.com/YOSHISHIGEKAGO1
(参照2018-08-01)

(感想)

森友問題では、ある意味、登場人物全員うそつきなので、すべてを真に受けるのは、時間の無駄。

100%ウソをつく人間は、その逆がすべて真なので、ある意味、わかりやすいが、立場によって言うことを変えるやつは、信頼できない。

その意味で、籠池長男氏の発言内容には、「森友問題」の解明という点では、価値はほとんど無い、と結論付けていいだろう。

これまで、メディアで見た限りでは、思いが強すぎるが、内実が伴っていない印象だ。

状況に応じての「国士ごっこ」に酔っているようにみえる。

「国士ごっこ」に見えるという点では、ある意味、親子で似たもの同士だ。

籠池氏が「教育勅語を暗記していない」というエピソードや、保釈後の会見で、おそらく孫引きとみられる貞観政要の1節をメモを見ながら読み上げたシーンなどは、思いは強いのに暗記できていないという、落差を感じさせる。

”管野完氏講演~月刊マスコミ市民主催~ ”、2017年7月28日、2017/07/29に公開。
https://www.youtube.com/watch?v=oSmOHazng68
(参照2018-08-01)

AERA dot、”籠池夫妻の“笑撃”釈放会見(下)「お父さんと結婚してよかった。私、幸せです」”、
https://dot.asahi.com/wa/2018052500107.html?page=2
(参照2018-08-01)

思いは強いのに中身が伴っていないという点では、籠池親子は同様であるが、現在の親と子とで立場が違うのは、これまでの年齢からくる経験の差がそのまま出ているのだと考えられる。

これらのことを考慮すれば、籠池長男氏の証言は、優先順位が低いものとした方が、効率的である。見解が対立しているときは、どちらの情報の方が信頼度が高いか見比べれば、おのずとどちらが真実か判断できるだろう。

そういった意味で、長男氏の二転三転している発言は、「森友問題」の解明にあまり重要でない、というのが、現時点での結論である。

ただ、籠池長男氏に関連して、ちょっと引っかかっているのが、「四つの音声データ」の件だ。

「関テレ「報道ランナー」の情報源は学園側顧問弁護士」

だと、以前、ほぼ特定し、結論付けていたが(→当ブログ内記事「「森友問題」音声データがすべて出てきて分かったこと(2018/02/17)」)、ここに籠池長男が絡む可能性が状況として、少しある。

「報道ランナー」が不自然だったのは、

  • 音声の全編公開を行わなかったこと
  • 2016/05/18の音声を先に公開したこと

だった。

5/18の音声については、関テレで報道後、菅野氏が「「データの残っていそうな箇所」をしらみつぶしに当たりつづけ」、音声データにたどり着き、全編公開の流れとなった。

ハーバー・ビジネス・オンライン、<取材・文/菅野完 取材協力/赤澤竜也>、”【森友学園】佐川国税庁長官の国会答弁を覆す音声データ完全公開!”、2017年08月23日。
https://hbol.jp/149569
(参照2018-08-01)

だがそれ以外の3つの音声データについては、報道ランナーが部分的に公開したものの、翌年2月に共産党による最後の四つ目の音声データの全編公開がなされるまで、不自然なほど時間がかかった。

この点の疑問について、ここからは、ひとつの「推理」として可能性を列挙してみると、

  • 菅野の言う「データの残っていそうな箇所」が籠池長男関係である可能性
  • 5/18以外の音声の全編公開が遅れたのは、報道ランナーの「籠池商事」の報道が何らかの形で関係していた可能性
  • 5/18以外の音声の全編公開が遅れたのは、(顧問弁護士以外の)情報源が何らかの条件をつけて出し渋った可能性
  • 雑誌の取材に応じたのが、何らかの条件に応じてのものである可能性

これらの可能性に対して、「籠池長男氏」という推測を入れた場合、ある程度説明が付く話になる。(「何らかの条件」については、いろいろと想像できる。)

あくまで「推理」でしかなく、正直言って、森友問題における籠池長男の重要度はそれほど高くなく、一般人であったら失礼に当たるかもしれないが、雑誌に出るぐらいであれば、この程度の「推理」は、なんとも無いだろう。

更なる情報に期待したい。

過去の考察のカテゴリーはこちら→「森友問題」考察

《広告》
日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場
ネットで買えば断然お得!お買い物なら楽天市場 WordPress専用高速サーバーなら Z.com WP ドメイン取るならお名前.com ムームードメイン ★LOLIPOP★ wpX A8.netの申し込みページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

16 + 5 =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください