「森友問題」決裁文書から名前を消された政治家が文字通り消えていっている件

架空小説「仮名手本森友学園」

ある議員の、LGBTについて雑誌に載せた「雑感」が、批判を呼んでいる。

当該議員の発想は、要するに「(自分にとって)役に立たないものは切り捨てていい」といった、偏った傲慢不遜な考えである。これは、人権といった近代概念の言葉を使うまでもなく、どの時代においてもどの社会においても、許されない思考である。

このような政治家が当選したことについては、先の衆議院選挙で、自民党が中国ブロックで圧勝した結果による、歪みであり、悲劇であるといっていいだろう。

今回この政治家の名前が出てきて、思い起こしたのが、森友問題の財務省決裁文書改ざんだ。

この改ざんの際に、政治家の名前が消されたが、その中に、この議員の名前もあった。

そこで改めて、名前が消された議員を調べ直したので、簡単に報告したい。

1.決裁文書改ざんの経緯

財務省の決裁文書改ざんについては、改めて簡単な経緯を記すと、

2017/02/09 朝日新聞報道「価格非公表、近隣の1割か」
2017/02/17 安倍首相「かかわっていたら、総理も国会議員も辞める」
2017/02月下旬から4月上旬 財務省決裁文書改ざん
2018/03/02 朝日新聞報道「森友文書、財務省が書き換えか」
2018/03/12 財務省、決裁文書の書き換えを認め、書き換えた部分を公表

今年の3/12に財務省が改ざんを認めて、書き換え前と書き換え後の対照表を公表した。

財務省 トップページ > 広報・報道 > 大臣談話・ステートメント > 大臣談話・スピーチ > 決裁文書に関する調査について、”決裁文書の書き換えの状況(PDF:7612KB)”。
https://www.mof.go.jp/public_relations/statement/other/201803B.pdf
(参照2018-07-25)

これにより、改ざん前にはあった政治家の名前が、改ざん後に消されていることが明らかになった。

(なお、その後、財務省は残っていた交渉記録を公開し、そこにも、政治家の名前が消されていたが、今回は、3/12に公開された決裁文書に絞って、考察する。)

2.改ざんされる前の決裁文書に出ていた政治家の名前

3/12に公開された、改ざんされた決裁文書は14文書で、そのうち、政治家の名前があったのは、

  • 4.特例承認の決済文書1「普通財産の貸付けに係る承認申請について」(平成27年2月4日
  • 5.特例承認の決済文書2「普通財産の貸付けに係る特例処理について」(平成27年4月30日
  • 6.承諾書の提出について(平成26年6月30日

の3文書であった。(注:上記文書名の「決裁文書」の後ろの数字については、公開された原稿では丸数字で表記)。

このうち、「6.承諾書の提出について(平成26年6月30日)」については、政治家の名前は、冒頭に、「本件は、平成25年8月鴻池祥肇議員(参・自・兵庫)」と、書いてある[同、p46(引用ページ数はPDFのページ、以下同じ))]だけで、4、5の文書も同様の文言が冒頭に書いてあった。

したがって、実質的には、複数の政治家の名前が書いてあって消されたのは、改ざんされた文書のうち、「特例承認の文書」だけであった。「特例承認」は本省決済であるので、一連の改ざんの流れで中心になっていたのは、財務省本省理財局であることに、間違いないだろう。

「4.特例承認の決済文書1」の文書では、「(別紙1)これまでの経緯」に、

  • H25.8.13 鴻池祥肇議員
  • H26.4.28 なお、打合せの際、「本年4月25日、安倍昭恵総理夫人を
  • H27.1.8 安部(原文ママ)首相夫人
  • H27.1.15 国土交通省北川イッセイ副大臣秘書官に
  • H27.1.29 平沼赳夫衆議院議員秘書から財務省に

(一部途中省略)[同、p32-34]

の名前が存在していた。

「5.特例承認の決済文書2」の文書は、約3か月後で、上記に追加する形で、

  • H27.2.16 鳩山邦夫衆議院議員秘書から国会連絡室に
  • H27.2.17 鳩山邦夫衆議院議員秘書が近畿財務局に来局し

(一部途中省略)[同、p42]

が経緯に加わり、さらに、「「学校法人 森友学園」の概要等」とのタイトルで、説明がされていて、そのなかに、籠池氏が「日本会議大阪」に関与しているとの記述があり、その注意書きとして、日本会議の説明が行われ、

「超党派による「日本会議国会議員懇談会」が平成9年5月に設立され、現在、役員」として、

  • 特別顧問として麻生太郎財務大臣
  • 会長に平沼赳夫議員
  • 副会長に安倍晋三総理

[同、p44]

と記述されていた。

そこに続けて、「(参考)森友学園への議員等の来訪状況」として、

  • 平成20年11月 中山成彬議員(衆・維・比例九州)講演会
  • 平成25年9月 平沼赳夫議員(衆・維・岡山3区)講演会
  • 平成25年12月 日本維新の会女性局(三木圭恵議員、杉田水脈議員、上田小百合議員(いずれも衆・維・比例近畿)等)視察(原文ママ)
  • 平成26年4月 安倍昭恵総理夫人 講演・視察

[同、p44]

と、政治家関連の名前が記載されていた。

以上が、改ざん前の決裁文書に記載されていた名前であり、並べると、

  • 北川イッセイ(参・自・大阪)
  • 鳩山邦夫(衆・自・福岡6区)
  • 三木圭恵(衆・維・比例近畿)
  • 上西小百合(衆・維・比例近畿)
  • 平沼赳夫(衆・維・岡山3区)
  • 鴻池祥肇(参・自・兵庫)
  • 中山成彬(衆・維・比例九州)
  • 杉田水脈(衆・維・比例近畿)
  • 麻生太郎(衆・自・福岡8区)
  • 安倍晋三(衆・自・山口4区)
  • 安倍昭恵(総理夫人)

[肩書は当時、敬称略]

の11人であった。

 The Huffington Post Japan、関根和弘 、”森友学園、文書から「名前が消された」国会議員、全リスト”、2018年03月12日 17時36分 JST |更新 2018年03月12日 17時36分 JST。
https://www.huffingtonpost.jp/2018/03/12/moritomo-paper_a_23383068/
(参照2018-07-25)

3.決裁文書で消されていた名前の政治家のその後

この政治家らのその後の経緯をざっとまとめると、

  • 北川イッセイ(参・自・大阪)→2016年の参院選不出馬・引退。
  • 鳩山邦夫(衆・自・福岡6区)→2016年死去
  • 三木圭恵(衆・維・比例近畿)→2014年(衆)落選。2017年(衆)落選。
  • 上西小百合(衆・維・比例近畿)→2015年党除名→無所属。2017年(衆)不出馬。
  • 平沼赳夫(衆・維・岡山3区)→2014年次世代の党→2015年自民党。2017年衆議院不出馬(次男が出馬するものの落選)。引退。
  • 鴻池祥肇(参・自・兵庫)→2019年次期参院選には出馬せず、引退表明。(長男が公認申請するも落選)。
  • 中山成彬(衆・維・比例九州)→2014年(衆)落選(次世代の党)→2016年(参)落選(日本のこころを大切にする党)。2017年(衆)当選(衆・希・比例九州)→?
  • 杉田水脈(衆・維・比例近畿)→2014年(衆)落選(次世代の党)→2017年(衆)当選(自・比例中国)→? ←いまここ!
  • 麻生太郎(衆・自・福岡8区)→?
  • 安倍晋三(衆・自・山口4区)→?
  • 安倍昭恵(総理夫人)→2017年瑞穂の國記念小学院名誉校長辞任→?

である。

経緯については
https://ja.wikipedia.org/wiki/
の各政治家名を参照
(参照2018-07-25)

一人は死去、3人は引退、一人は落選中で、5人は議員ではなくなった。

そして、現時点(2018年7月時点)で、議員の5人のうち、一人は引退表明済みで、一人は国会議員5人の最少会派の比例代表という次が見えない立場で、もう一人は、今回のLGBT差別発言で議員の身分が問われる立場になった。

身分が保証されない世界とはいえ、決裁文書で書かれたわずか3年後に、このような結果になった。

決裁文書から消された政治家たちが、次々と議員としての立場を失っている。

これが単なる偶然なのか、それとも、まだ議員でいる政治家にも、近い将来議員でいられなくなることを暗示するものなのか、今後を注目したい。

過去の考察のカテゴリーはこちら→「森友問題」考察

《広告》
日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場
ネットで買えば断然お得!お買い物なら楽天市場 WordPress専用高速サーバーなら Z.com WP ドメイン取るならお名前.com ムームードメイン ★LOLIPOP★ wpX A8.netの申し込みページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

17 + 14 =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください