今日も読売新聞はやっぱりすごい(2022年下半期)

朝日が昇る前に家まで配達される読売新聞(地域・季節によります)を、毎日のように熟読している一読者が、そこから日日経験を積みながら、印象に残った記事の感想を、2022年の7月以降も、備忘録的に追記して残していく。

2022年の下半期も、上半期に負けず劣らず読売新聞はやっぱりすごそうだ。

[公開:2022/07/13、更新:2022/08/06]

※特に注釈の無い場合は、読売新聞大阪本社版を読んでの感想です。

・2022/08/06(土)朝刊社説3面

また訳の分からない社説が載っていたので、メモ。

政治の劣化を浮き彫りにした 臨時国会閉会

読売新聞2022年8月6日朝刊、社説、”同”、大阪本社版13S総合面3面。

冒頭で、「政治の劣化は甚だしい」と、威勢よく強めに出ているものの、「残念だ」、「嘆かわしい」と、いつものように、政府与党に対しては、残念がって嘆くだけ。

そんな読売でも、さすがに、政治家と(旧)統一教会との関係に触れずにいることは避けられなかったのか、後半で言及するものの、「まず、問題点を整理する必要があるのではないか。」と、謎の第三者的な、上から目線。しかもその結論が、

(前略)選挙で支援されただけで、反道徳的な活動を容認していた、と決めつけるのは無理がある。

同上。

と、「無理がある」「決めつけ」。安倍氏銃撃から1ヶ月も経とうとしている中、未だに「(何も知らずに)選挙で支援されただけ」というケースに限定するのは、「無理がある」。(政治家も読売も含めて知ってたくせに)。(個人の感想です)

しかも続けて、「一部の野党」が国葬に反対する理由を、「安倍氏と団体の関係など」にあることなどと、意味不明なこじつけをした上に、「不祥事だけを取り上げ」として「理解に苦しむ」としているが、読売社説は、「不祥事」に矮小化すると同時に、「不祥事ということは認めるんだ」という苦しい内容。さらに、国葬を「国家的な業績」というものの具体的にはそれが何か示すことなく、ただただ、「理解に苦しむ」だけなので、こっちの方が「理解に苦しむ」。

そんなこんなで、社説のタイトル通り、「劣化を浮き彫りにした」読売新聞社説はやっぱりすごい。

・2022/07/29(金)朝刊社説3面

今日の読売新聞朝刊の社説の一本目は、

対立収拾し研究開発促進せよ 学術会議見解

読売新聞2022年7月29日朝刊、社説、”同”、大阪本社版13S総合面3面。

だった。学術会議については、読売では二日前の朝刊一面横によく分からない記事が載っていたのだが、(読売にしては)比較的早く社説にしたことで、「ああ、この社説とセットだったのね」と納得できた。(個人の納得です)[任命拒否問題で読売が社説にするまでのタイムラグとの比較は、当ブログ記事”「日本学術会議任命拒否」でも読売新聞はやっぱりすごい”を参照]。

ただ、そこまでしてお膳立てしているのに、読売(とその関係者)がこの社説で何を言いたいのかは、私の読解力不足で、結局よく分からなかった。

すると二本目の社説が、

科学的探究の力をどう育てる 全国学力テスト  

読売新聞2022年7月29日朝刊、社説、”同”、大阪本社版13S総合面3面。

で、今年の全国学力テストの結果が公表され、今回の中学校の理科の正答率が、前回より大きく下回ったという内容。

たまたまなのかわざとなのか、社説の一本目で「研究開発促進せよ」と威勢のいいことをいいながら、社説の二本目で学力テストで中学校の理科の正答率が悪くなっていることを憂えている。

お膳立てをして用意した社説を載せているように見えて、なんでこの並びになるようなタイミングで社説を載せたのか、よく分からな過ぎて、読解力の無い私にとっては、読売新聞の社説は二本並んですごい。(ちなみに、社説によれば、国語の平均正答率は前回と大きな変化はなかったそうです。)

・2022/07/24(日)朝刊社会面36面

安倍氏銃撃での容疑者の供述について、読売新聞では、微妙な変遷を見せている。(個人の観測です)
変遷について、これまでの流れをブログ記事にしたいところなのだが、その変遷がいつ終わるかが予想もつかないので、とりあえず、今日時点の読売新聞をメモ。

一方で、奈良県警の調べに、母親が入信した宗教団体「世界平和統一家庭連合」(旧統一教会)への恨みから、同連合とつながりのあると思った安倍氏を襲撃したと供述しており、安倍氏を狙った動機には論理の飛躍があるとの見方もある。

読売新聞2022年7月24日朝刊、”安倍氏銃撃 鑑定留置明日から 山上容疑者 11月29日まで”、大阪本社版13S36面社会面。

容疑者の鑑定留置が行われることが捜査関係者への取材から分かったという記事で、「一連の行動には合理性がうかがえる」[同]としているものの、安倍氏と旧統一教会とのつながりには、「論理の飛躍があるとの見方もある」との「飛躍した」解説(個人の解釈です)。ただ、今回は、「一方で」と「見方もある」との表現で、予防線を張った模様。最後にどこに落ち着かせるのか、今後も注視。

今回取り上げたかったのは、この件だけではなく、その隣に載っていた連載記事「凶弾 要人警護 下」について。

今回の事件での警護状況について疑問を呈する記事なのだが、すごいのは、

読売新聞は、安倍氏の事件後、警察庁を通じて国家公安委員5人全員に事件への受け止めなどを文書で尋ねたが、一人も回答せず、(以下攻略)

読売新聞2022年7月24日朝刊、”安倍氏銃撃 鑑定留置明日から 山上容疑者 11月29日まで”、大阪本社版13S36面社会面。

のところ。国家公安委員と言えば、あの、「小田尚」氏が、委員の一人[国家公安委員会委員長・委員のプロフィール|国家公安委員会Webサイト (npsc.go.jp)(参照2022-07-24)]。当ブログではおなじみの人。「読売新聞だったら直接聞けよ」という話なのだが、読売新聞は「文書で尋ねた」のに、小田尚氏は「回答せず」。そんな他人行儀な関係の、読売新聞と小田尚氏は、やっぱりすごい。

・2022/07/13(水)朝刊社説3面

今日の読売社説は、いわゆるタイトルサギな内容。(個人の感想です)

国際的な視点が欠けている 安倍元首相銃撃

読売新聞2022年7月13日朝刊、”同”、大阪本社版13S3面社説。

タイトルに、「国際的な視点が欠けている」とあるので、やっと「特定の宗教団体」について詳しく言及するのか、と思ったが、違っていた。事件直後には、海外ではすぐに「特定の宗教団体」の名称を出して安倍氏とのつながりにも言及していたのに、読売新聞ではなかなか言及してこなかったことをやっと社説で反省するのかと思いきや、全然違っていた。(個人の勘違いをした感想です。なお、事件当日から約3日間の読売紙面については、当ブログの独立した記事”最後の最後まで安倍元首相について熟読させる読売新聞はやっぱりすごい”を参照)

それでは、読売社説は、何が「国際的な視点が欠けている」と主張しているのかというと、「警察当局の対応」や「官邸の半旗掲揚」が遅いといった内容。正直言って、「『特定の宗教団体』とのかかわりをなかなか報道しなかったお前が言うな」的な内容だが(個人の感想です)、おそらく、社説(とその周辺)が取り上げたかったのは、その二つではないと思われる。その二つの間には、なぜか、「北海道警のヤジ排除違法判決」について言及しており、おそらくこれが読売社説が言いたかったことだと考えられる。(個人の予測です)

不思議なのは、「ヤジ排除」について、今回のテーマである「国際的な視点」を考慮せずに取り上げており、「与えた影響は明確ではないが」[社説]といいつつも「規則の必要性」などとして、違法判決にケチをつけるような言い方をしている。(個人の感想です)

よく分からないのが、ヤジの「表現の自由」に対して、「演説を静かに聞きたい聴衆の権利はどうなるのか」[社説]という理屈で、(権力者にとって都合の悪い)ヤジを(権力者が警察を使って)防げることができる、と読売社説は思っているかのようであることだ。「静かに聞きたい」というのなら、拡声器を使ってがなり立てるなという話だし、そもそも、演説を聞きたくもないし静かにして欲しいと言う人の権利はどうなるのか、という話だ。これこそ、「国際的な視点」に欠けているのではないか。

ここまでくると、冒頭で「タイトルサギ」と言ってしまったが、実は、読売社説は自分のことを「国際的な視点に欠けている」と言いたかったと裏読みすれば、読売社説は、ある意味タイトル通りで、やっぱりすごい。


過去の「今日も読売新聞はやっぱりすごい」は、

今日も読売新聞はやっぱりすごい(2017年)[2017/10/7~2017年末]
今日も読売新聞はやっぱりすごい(2018年上半期)[2018/01/01~2018/06月末]
今日も読売新聞はやっぱりすごい(2018年下半期)[2018/07/01~2018年末]
今日も読売新聞はやっぱりすごい(2019年上半期)[2019/01/01~2019/06月末]
今日も読売新聞はやっぱりすごい(2019年下半期)[2019/07/01~2019年末]
今日も読売新聞はやっぱりすごい(2020年上半期)[2020/01/01~2019/06月末]
今日も読売新聞はやっぱりすごい(2020年下半期)[2020/07/01~2020/12月末]
今日も読売新聞はやっぱりすごい(2021年上半期)[2021/01/01~2021年6月末]
今日も読売新聞はやっぱりすごい(2021年下半期)[2021/07/01~2021年末]
今日も読売新聞はやっぱりすごい(2022年上半期)[2022/01/01~2022年6月末]


《広告》
日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場
ネットで買えば断然お得!お買い物なら楽天市場 Xserverビジネス https://www.xdomain.ne.jp/ ドメイン取るならお名前.com ムームードメイン ★LOLIPOP★ wpX A8.netの申し込みページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

five × one =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください